日本キリスト改革派教会とは

東京恩寵教会が所属している日本キリスト改革派教会について説明しています。

キリスト教は、旧教(ローマ・カトリック教会、ギリシャ正教会)、 英国国教会(聖公会)と新教(プロテスタント)に大別されます。

プロテスタントは、 宗教改革者ルターとカルヴァンの指導で聖書の教えに忠実に立ち返ろうとする運動です。 カルヴァン系は欧米で「改革派」とか「長老派」と呼ばれてきました。

日本にプロテスタントが入ってきたときから最古最大の教派としての長老派・ 改革派は、第二次大戦前まで(旧)日本基督教会と称していました。

日本キリスト改革派教会は、旧日本基督教会の数名の牧師が、 終戦直後の1946年4月28日に創立した教派で、 半世紀あまりを歩んだ現在では教会数約140、会員数約1万名になり、 全国を東北・東部・東関東・中部・西部・四国の6中会に分けています。 そして、全国大会事務所は東京恩寵教会に置かれています。 歴史的な改革派教理を重んじて「信仰基準」 にウェストミンスター信仰告白と大・小の教理問答を採用し、 教会の運営も聖書の教えに基づいて、 長老制を敷く「教会規程」が整備されています。

信徒は聖書に従って、神の栄光を表すことを人生の主目的とし、 信仰生活だけでなく、 広く文化や生活面にもその実現を期することを最大の目標としています。

当教会は、統一教会、エホバの証人、モルモン教とは、一切関係ありません。
Copyright (C) Tokyo Oncho Church, 2015